振袖おおみ

Useful Information お役立ち情報

振袖マナーQ&A

Q.着崩れせずに歩くには……

A.小股、内股でゆっくりと

大股で歩くと着崩れの原因になります。狭い歩幅でゆっくり歩きましょう。その際、前身頃に手を添えると、美しく見えますよ。

<ポイント!>
・右手で前身頃を持つ
・ひざは少し内向きに意識
・歩幅は足のサイズよりも狭く

Q車に乗るときは……

A.荷物を先に入れてお尻から乗り込んで

荷物を車に積んでから、袖を体の前で重ねて抑えながら座席に腰掛けます。両足を揃えて車内に引き込み、上半身を回転させます。
1.座席にはお尻から乗り込み、身体を回転させる
2.両袖をきれいに重ね、袖口から袂の中間より少し下を持つ

Q.写真を撮るときは……

A.つま先に重心をかけ美しい姿勢を保ちましょう

カメラに向かって斜めに構え、顔はカメラに正面を向きましょう。つま先は内に向け、重心をつま先にかけると背筋が伸び、自然と美しい姿勢に。

NG.あごは突き出したり引きすぎたりしない
NG.がに股や大股開きにならないように

Q.トイレに行きたくなったら……

A.裾と袖をまとめてまくって固定する!

両袖を前で重ねて帯締めで挟んだら、裾を上前、下前の順にまくり上げ、裾を帯締めに挟みます。次に、長襦袢、裾よけも順にまくり上げます。

・両袖を前で重ね帯締めに挟む
・手を洗うときは袖を折り返す!

Q.おはしょりがゆるんだら……

A.たるみがなくなるように帯の内側に入れ込みます

おくみの縫い目をまっすぐにしておはしょりを持ち、おはしょりの幅が均一になるように整えながら、余っているぶんを帯の内側に入れ込みます。

Q.脇から袖がだぶついたら……

A.余った部分を帯揚げに隠して

たるみが出ている脇の布を、片手の指3本で、帯揚げと帯に向かって押し込みます。その後、帯揚げと帯の間に手を入れて帯揚げの崩れを整えます。

Q.襟もとが乱れたら……

A.身八つ口から軽くひっぱって

上前と下前を合わせて身八つ口から軽くひっぱり、たるみが目立たないように整えます。おはしょりも軽く引き下げて整えて。