振袖おおみ

Blog おゝみ北川小名浜店

2019.02.11 おゝみ北川小名浜店スタッフブログ一覧

”振袖って成人式の他にいつ着るの??”

 

はい!こんにちは!

 

 

 

最近の子達の名前は難しくて、毎日検索している沼田です(⊙ꇴ⊙)

今日は振袖の着用シーンについてお話します!!

振袖は成人式の時しか着ないと思われている皆さん!!

振袖はいろいろなところで着れるんです(⊙ꇴ⊙)

振袖を着る代表的な場面として挙げられるのが、成人式ですね。
成人式で、新成人たちが艶やかな衣装に身を包む姿は、目にも鮮やかで美しい光景です。ですが、成人式で着たその後は振袖がタンスの肥やしになってしまっている……という方も多いのでは?
せっかくの振袖、成人式以外でも着てみませんか?

では着用シーンを紹介していきますねー!!

結婚式・披露宴

成人式と並んで振袖を着られる機会として挙げられるのが、結婚式または披露宴へ招待されたとき。

振袖を招待客として着ることをためらう人もいるようですが、礼装なのでむしろぴったりの場なのです。

格式が高い振袖は、実は結婚式や披露宴で新婦の花嫁衣裳としても着ることもできます。
成人式で着る振袖を購入するときに、花嫁衣裳にも着ることができるデザインを、と考えて選ぶのもいいかもしれません。

一般的に、振袖は未婚女性の第一礼装。大事な式典や儀式などの際に独身の女性が着るものとされています。特に新婦の衣装として着る振袖は、未婚女性として振袖を着られる最後のチャンスになるため、自分の結婚式で思い入れのある振袖を着納めするのもステキです。

 

 

結納

「結納」とは、結婚式の前に正式な結婚の約束を交わす儀式。

日本では古くから取り行われている風習です。

格式高い形式で行う結納は、新婦になる女性が第一礼装である振袖を着用するのにふさわしい場でもあります。

こういった日本古くからの儀式でも、振袖が活躍します。

 

 

卒業式 

 

大学や短大、また専門学校などの卒業式の衣装として、振袖に袴の組み合わせは定番ですね。

もともと女性の袴は、明治時代に上流階級の女性が着始め、その後女学生のスタンダードなスタイルとして広まっていったと言われています。

振袖の上に袴を着用するため、振袖単体のときとはまた違った凛々しい雰囲気を演出できるスタイルです。

袴に合わせる振袖は、小振袖(二尺袖)が一般的ですが、それより格式の高い振袖を着用しても問題ありません。

卒業式のために、小振袖にしなきゃ、ということはないので、自分の好きな振袖を選んでください。

 

 

 

 

 

こんな感じで着るシーンは沢山あります!!

あなたにぴったりな振袖がおおみ北川にはあります!!

是非遊びにきてくださーい(^O^)

https://furisode-oomi.com/reserve/

tel:0246295529

Category
Archive