振袖おおみ

Blog みますや会津若松店

2020.04.20 みますや会津若松店

会津、喜多方、猪苗代の振袖なら、みますや呉服店へ!

こんにちは!みますや会津店です!

みますやでは会津若松市喜多方市美里町坂下町猪苗代町

西会津町南会津郡耶麻郡と会津エリア、

市外局番0242」「0241地域の成人式のお手伝いを

一手に担わせて頂いております。

 

さて本日は、

2021年・2022年成人式向け

新作振袖と新作振袖小物についてのご紹介です。

 

振袖を素敵に着こなすには、小物が重要です。

●具体的には、①帯じめ ②帯揚げ ③重ね衿 ④半衿 ⑤草履バッグ がとっても重要です。

 振袖で印象は50% 残りの50%は、帯や上記の小物でぜんっぜん変わる! ので、

 こだわりましょう!

今回のブログでは、

【振袖の小物って、どんなものがある? 最新の小物ってどんなもの?】

これを画像つきでご紹介します。

イメージして、振袖選びに活かしてくださいね。

 

 

 

 

まず振袖のコーディネイトは、衿元の”半衿”を選ぶところからスタートします。

①半衿(はんえり)

この半衿、今のご成人のお嬢さま方のお母さまのときには、

」しかなかったんです!

けれど今は、一口に半衿といっても、こだけだ色んな種類があります。

白基調の物が多いですが、中には黒や赤、市松(格子)模様のものもあり、

とっても華やか!

お顔に近いところなので、

同じ振袖でも、どの半衿を合わせていくか?で全然印象が違いますので、

こだわりポイント1 です。

 

 

さては半衿の次は、②「重ね衿」をあわせて行きます。

重ね衿は、すこ~ししか出ない部分ですが、

振袖の色と比べて、”映える色” をアクセントとして使うと綺麗です。

 

 

さて、半衿、重ね衿ときたら次は、帯じめ・帯揚げをあわせていきます。

こちらはどちらが順番でも大丈夫です。

 

③帯じめ

帯の上から、帯がゆるまないようにする役割と、

コーディネイトのポイントとして使います。

この帯じめもお母様の時代には、「ただの紐!!!」 でしたが、

最近はどんどんどんどん、華やかになり、

選ぶのがとっても楽しい!ですよ!

 

さて、最後は

④帯揚(あびあげ)を合わせます。

色が一色のものや、

 

グラデーションの入ったもの、

 

最近はこういう、刺繍でかわいいお花が施されているものもあります。

 

 

さて、いかがだったでしょうか?!

振袖小物ひとつひとつをとっても、たくさんの種類があり、

組み合わせは無限大ですね!

もしまったく同じ振袖があったとしても、

まったく同じコーディネイトになる事はありません。

 

振袖選びは、「世界でひとつだけの自分だけのコーディネイト選び」です。

しっかり情報収集して、一生一度の成人式を、

最高の自分で迎えてください!

 

みますやは毎年100名を超えるお嬢様のお手伝いをさせて頂いておりますので、

振袖の品揃えと、コーディネイトに自信あり!

お気軽にご見学予約ください。

 

 

 

 

Category
Archive