振袖おおみ

Blog スタッフブログ一覧

2019.04.26 スタッフブログ一覧みますや会津若松店

振袖で迎える二十歳親の夢【お母様方の声】~みますや会津店~

こんにちは!みますや会津店の渡部です。

 

 

みますやでは会津若松市、喜多方市、美里町、坂下町、猪苗代町、

西会津町、南会津郡、耶麻郡と会津エリアの成人式のお手伝いを
させて頂いております。

 

 

さて、私がこのブログを担当させていただくのは、ほぼ2週間にいちどのサイクルになっています。

前回は「4月になっても雪が降り、会津の桜はもう少し先ですね」と書きましたが、その後一気に暖かくなり、2週間経った今は、雪ではなく桜吹雪が降り積もっております。

 

会津若松市の桜の名所と言ったら、やはり鶴ヶ城ですが、皆さまお花見はされましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花見というと、桜の木の下にシートを敷いての宴会がスタンダードですが、庶民がこのスタイルのお花見をするようになったのは、江戸時代だそうです。

当時は、農民たちが、桜の開花を合図に春の訪れをみんなで喜び、五穀豊穣を祈って皆で宴会をしてその年の農作業を始めるという、いわば決起集会のようなもので、それが現代にも繋がると言われています。

 

それまでのお花見は上流階級の人たちのもので、桜ではなく梅を眺めながら茶の湯などを楽しむといった優雅なものだったようです。

 

 

 

先週末は、ちょうど桜が満開の鶴ヶ城で、大茶会が行われました。

 

 

 

私もお茶を頂きに行ってきましたが、さすがにお茶会ということで、和服姿の老若男女で溢れていました!

お城に桜にお茶に着物、改めて日本って、会津っていいなぁと思いました。

 

 

城下町・会津は、昔から茶の湯も盛んな街なんですよ!

 

 

時は、天正19年(1591年)に遡ります。

この年、豊臣秀吉の怒りに触れた千利休が切腹を命じられ、千家が茶の湯の世界から追放されてしまったのです。

 

そこで、当時の会津の領主で織田信長の娘婿でもあった蒲生氏郷は、利休の死によって千家の茶道が途絶えるのを阻止しようと、利休の息子・少庵を会津にかくまい、徳川家康とともに千家の復興を秀吉に働きかけました。

その結果、少庵は文禄3年(1594年)頃に京都に帰って千家を再興することができたのです。

そして、千家茶道は少庵の子・宗旦(そうたん)に引き継がれ、その後、宗左・宗室・宗守の3人の孫によって表千家・裏千家・武者小路千家の3千家が興され、今日のように茶道が盛んになっていったのです。

少庵は会津に滞在中、利休の茶の湯に精通していた氏郷のために、鶴ヶ城の中に茶室 を造りました。

それが会津のお茶の聖地とも言える「麟閣」です。

 

 

現代の茶道の隆盛に大きな役割を果たすこととなったこの茶室は、戊辰戦争で鶴ヶ城が落城した際にも、奇跡的に戦禍を逃れ、市内の森川家に移築されました。

その後、120年に渡り森川家で大切に保存され、平成2年、会津若松市が市政90周年を迎えることを記念し、鶴ヶ城の元の場所へ移築復元され現在に至ります。

 

こうして、会津は今もお茶が盛んな街となっています。みますやのお客様の中にも、お茶をたしなまれている方が多くいらっしゃるんですよ!

 

 

 

茶道と言ったら着物が付き物ですが、ご自分の意思で着物を選んで着ることが出来る最初の機会と言えるのが、成人式の振袖 ではないでしょうか?

 

 

 

今日は、みますやで振袖のお手伝いをさせていただいたお客様の中でも、お母様方の声をいくつかご紹介したいと思います。

 

何も分からずに来ましたが、実際に試着して、小物も合わせながら選べたのが良かったです。

・姉妹での兼用を考えていたので、妹も一緒に試着してもらうことが出来て、イメージしやすかったです。

・自分の振袖を娘にも着て欲しいと思っていました。ステキにコーディネートしてもらえて良かったです。

・自分が母にしてもらったことを娘にもしてあげられ、娘の喜ぶ顔が見られて嬉しいです。

・試着した娘の姿を見て「この振袖しかない!」と思いました。母娘で気に入った物に出会えました!

・娘には似合わないと思っていた私の振袖が、コーディネートで娘に似合う振袖に生まれ変わりました!

 

などなど、お陰さまで皆さまからお喜び頂いております。

 

 

また、振袖のお手入れでご来店頂いたお母さまからは

・姉妹それぞれの成人式はもちろん、姉の結納では本人が、結婚式では妹が着用し、その度にアフターケアもしていただけるの

で助かります。

 

というお声もいただいております。

 

こうして、皆さまに沢山お着物を着ていただいて、お喜びいただけることが、我々スタッフにとっての最高の喜びです。

 

 

さて、いよいよ来週には平成の時代も幕を閉じ、令和という新しい時代が幕を開けます。

 

今週末から10連休という方も多いのではないでしょうか?

この10連休に、お振袖のお下見をしたいというお客様も多くいらっしゃいます。

 

そこで!!!

 

この歴史的な10連休に、ぜひ皆さまのお役に立ちたいとおおみ・みますやの各店では、キセキの様な大セールを行います!

ご来店前日までのWEB予約で、2度とはできないようなスペシャルな特典がついてきます!!

 

WEB予約はこちらから

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます!

人気の振袖を着たいお嬢様も、ママ振を着たいお嬢様も

是非みますやへご来店の際はご予約くださいね。

________________________________________________

みますや会津店

会津若松市本町8-14

tel:0242-29-7003

AM10:00~PM6:30(水曜定休)

Category
Archive